5年生からからはじめる中学入試

中学入試は過熱の一途をたどり、いまや低学年のうちからその準備を始める小学生も珍しくはありません。一般的には中学入試を考える小学生の多くは4年生にもなると塾通いを始めます。初めのうちは塾のペースについていくのが精いっぱいです。塾と学校では勉強の進み具合があまりにも違います。「全員が共通理解をできる」範囲で進められる学校の授業とは違い、塾では理解ができない子は容赦なく置いて行かれます。ここを乗り越えられない子は、残念ながらある程度の方向転換を強いられるかもしれません。
しかし、5年生からの準備が遅すぎるということは決してありません。5年生は難関校の中学入試を目指す小学生にとってはタイムリミットとも言える時期ですが、この時期に決断してしっかりとした対策を練ることで、チャンスは十分にあります。効率の良いスケジュールを立てて実行すれば、4年生以前から準備を始めた子と比べてもスタートの遅れは十分に取り戻せるのです。
5年生から中学入試準備を始めた小学生にとって、最も大切なことは徹底的に基礎をたたきこむことです。基礎を積み重ねなければ、応用力は発揮できません。ましてや難関校の問題には太刀打ちできないでしょう。しかし、この時期にしっかりと基礎学力を身につけることで土台を形成することができます。しっかりとした土台があれば、本格的な入試レベルの問題を解くテクニックは6年生になってからでも十分身に付くのです。
スタートの遅れは5年生であれば十分に取り戻せます。焦らずに先を見据えてじっくり取り組みましょう。